ファイナンシャルプランナー3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファイナンシャルプランナーの活躍の場

ファイナンシャルプランナーとして活躍する場合には、次のように分けることができます。

企業系ファイナンシャルプランナー

。銀行、信託銀行、郵便局、証券会社、生命保険会社、損保保険会社等の金融機関や、不動産仲介・分譲会社に勤務します。自社で取り扱っている金融・保険商品、不動産を顧客に販売することが業務内容になります。

独立系ファイナンシャルプランナー

自ら事務所を立ち上げて、開業し業務を行う。

企業内ファイナンシャルプランナー

企業に属し、その企業の従業員に対するファイナンシャルプラカナー業務を行います。

ファイナンシャルプランナーの年収

企業系ファイナンシャルプランナーと独立系ファイナンシャルプランナーでも違ってきますし、どれくらい業務を行っているかでも随分と年収に違いが出てきます。

企業系ファイナンシャルプランナーの場合、年収は約300万円から多い人では2000万円も年収がある人がいるようです。キャリアを積んで、より条件のよい企業に転職する人もいるようです。独立系ファイナンシャルプランナーの場合、無収入に近い人もいれば、数千万円という人もいるようです。

ファイナンシャルプランナーの資格を取得しておくと、不動産や建築、証券、生命保険、銀行などの就職が有利に働くようです。また、実生活においても活かせる知識なので、自分でライフプランを設計できます。

文系の人が目指すといい職種

司法書士
司法書士は他人の依頼を受けて、不動産の権利に関する登記又は供託手続きの代理、登記又は供託に関する審査請求手続について代理、裁判所・検察庁・法務局に提出する書類の作成、成年後見人、不在者財産管理人、相続財産管理人等の財産管理業務などを行います。
税理士
税理士は、税務に関する専門家として独立した公正な立場で、税理代務や税務書類の作成、税務相談などを行う職業です。
不動産鑑定士
不動産鑑定士は、地域の環境や諸条件を考慮して「不動産の有効利用」を判定し、 「適正な地価」を判断する職業です。