司法書士

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
司法書士は他人の依頼を受けて、不動産の権利に関する登記又は供託手続きの代理、登記又は供託に関する審査請求手続について代理、裁判所・検察庁・法務局に提出する書類の作成、成年後見人、不在者財産管理人、相続財産管理人等の財産管理業務などを行います。

また、登記業務以外にも訴訟代理業務があり、訴額140万円以下であれば簡易裁判所の訴訟手続の代理を行うことができます。さらに、現代の司法書士は裁判官・検察官・弁護士に加えて、「第四の法曹」と呼ばれていて、総合的な法律のアドバイザーとなりつつあり、活躍の場が広がっています。

司法書士の年収

司法書士全国調査によると、司法書士の平均所得金額は874万円です。日本の1世帯あたりの平均所得が548万円ですから、司法書士は収入が高い職種だということがわかります。

司法書士になるには

司法書士になるには司法書士の資格に合格するか、裁判所事務官、裁判所書記官、法務事務官または検察事務官として10年以上従事した又はこれと同等以上の法律知識・実務経験を有した上で、法務大臣の認可を受けて取得する方法もあります。

司法書士試験の受験資格は特にありません。年齢、性別、学歴に関係なく誰でも受験することができます。しかし、試験の合格率はわずか2%から3%。合格するためには、特点率が75%から80%ないといけません。合格者の平均年齢は32歳くらいとなっています。

文系の人が目指すといい職種

司法書士
司法書士は他人の依頼を受けて、不動産の権利に関する登記又は供託手続きの代理、登記又は供託に関する審査請求手続について代理、裁判所・検察庁・法務局に提出する書類の作成、成年後見人、不在者財産管理人、相続財産管理人等の財産管理業務などを行います。
税理士
税理士は、税務に関する専門家として独立した公正な立場で、税理代務や税務書類の作成、税務相談などを行う職業です。
不動産鑑定士
不動産鑑定士は、地域の環境や諸条件を考慮して「不動産の有効利用」を判定し、 「適正な地価」を判断する職業です。