税理士2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
■税理士の仕事内容■

税理代理

個人や企業の代理として確定申告、青色申告の承認申請、税務調査の立会いや税務署の更正・決定に不服がある場合の申立てなどを行います。

税務書類の作成

個人や企業に代わって、確定申告書、相続税申告書、青色申告承認申請書などの書類を作成します。

税務相談

税に関することなら何でも相談を受けます。

会計業務

税理士業務に付随し、財務書類の作成、会計帳簿の記帳代行などを行います。

税務訴訟の補佐人

税務訴訟において納税者の正当な権利を援助するため、補佐人として弁護士とともに裁判所に出頭し、陳述を行います。

会計参与

税理士し会計参与の有資格者として会社法に明記されています。ですから、中小企業の会計参与として、取締役と共同して、計算関係書類を作成します。

税理士のニーズ

税理士は独占業務となるため、その地位と身分が保障されています。また、税理士は税務代理や記帳代行業務など、全ての会社に必要な作業を行うので、常に企業からのニーズがある存在です。

さらに最近では企業の将来の利益のシミュレーションを行うなど、基本的な業務以外の仕事を依頼されるケースも多いようです。将来的には独立開業も可能で、高収入を目指すことができる職種です。

税理士の平均年収

税理士の平均年収は713万円となっています。そのうち男性の平均年収が756万円、女性の平均年収が623万円となっています。

文系の人が目指すといい職種

司法書士
司法書士は他人の依頼を受けて、不動産の権利に関する登記又は供託手続きの代理、登記又は供託に関する審査請求手続について代理、裁判所・検察庁・法務局に提出する書類の作成、成年後見人、不在者財産管理人、相続財産管理人等の財産管理業務などを行います。
税理士
税理士は、税務に関する専門家として独立した公正な立場で、税理代務や税務書類の作成、税務相談などを行う職業です。
不動産鑑定士
不動産鑑定士は、地域の環境や諸条件を考慮して「不動産の有効利用」を判定し、 「適正な地価」を判断する職業です。