ファイナンシャルプランナー1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ファイナンシャルプランナーは顧客のライフプラン上の目標を達成するため、長期的かつ総合的な視点で様々なアドバイスや資産設計を行い、目標達成の妨げとなる様々な問題や不安を解決する仕事です。

ファイナンシャルプランナーは顧客の家族状況、収入と支出の内容、資産、負債、保険などあらゆる現状を把握しなければなりません。時には弁護士や司法書士、税理士、公認会計士、社会保険労務士、保険・不動産の専門家、銀行・証券会社などの各分野の専門家のネットワークを活かしながらライフプラン実現のために、ファイナンシャル・プランニングを行います。

金融業界ではFP資格の取得を奨励しています。

ファイナンシャルプランナーになるには

ファナンシャルプランナーの資格には、国家資格と民間資格とがあります。

 1級、2級、3級ファイナンシャル・プランニング技能士

ファイナンシャルプランナーの能力を有している者として認められている国家資格です。公的資格として金財が実施していた金融渉外技能審査は行政改革の流れのなかで2001年に廃止、技能検定に統合されました。

ファイナンシャル・プランニング技能士は、資格を持っていない者が資格所持を称することは法により禁じられている名称独占資格です。資格取得後、費用がかからないのもファイナンシャル・プランニング技能士の特徴です。

文系の人が目指すといい職種

司法書士
司法書士は他人の依頼を受けて、不動産の権利に関する登記又は供託手続きの代理、登記又は供託に関する審査請求手続について代理、裁判所・検察庁・法務局に提出する書類の作成、成年後見人、不在者財産管理人、相続財産管理人等の財産管理業務などを行います。
税理士
税理士は、税務に関する専門家として独立した公正な立場で、税理代務や税務書類の作成、税務相談などを行う職業です。
不動産鑑定士
不動産鑑定士は、地域の環境や諸条件を考慮して「不動産の有効利用」を判定し、 「適正な地価」を判断する職業です。