ファイナンシャルプランナー2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファイナンシャル技能検定

日本ファイナンシャル・プランナーズ協会が実施している試験です。2級の受験資格は日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した者、3級の技能検定に合格した者、2年以上の実務経験を有する者となっています。

AFPとは

AFPとはアフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナーの頭文字を取ったものです。AFPの資格認定を受けるには次の3つの条件を満たさなければいけません。

・FP技能検定2級合格者(学科・実技)
・日本FP協会認定の教育機関が実施するAFP認定研修の修了者
・日本FP協会への登録・入会

AFPの資格認定会員のメリットとデメリット

AFPは2年ごとの資格更新を定めていて、その都度更新講習を受講しなければならないことになっています。また、会費も支払わなければなりません。

●メリット
・業界での認知度が高いので、信頼性を高めることができます。また、独立、開業している人にとっては信頼に繋がります。
・会員同士で人脈を作ることができ、ビジネスの幅を広げることができます。
・さらなる上級資格となるCFPの受験資格を得ることができます。

●デメリット
・2年毎に更新講習を受講しなければなりません。
・入会金、年会費などの費用がかかります。
ファイナンシャルプランナーの資格を取得すると金融業界をはじめ、幅広い活躍の場が待っています。

文系の人が目指すといい職種

司法書士
司法書士は他人の依頼を受けて、不動産の権利に関する登記又は供託手続きの代理、登記又は供託に関する審査請求手続について代理、裁判所・検察庁・法務局に提出する書類の作成、成年後見人、不在者財産管理人、相続財産管理人等の財産管理業務などを行います。
税理士
税理士は、税務に関する専門家として独立した公正な立場で、税理代務や税務書類の作成、税務相談などを行う職業です。
不動産鑑定士
不動産鑑定士は、地域の環境や諸条件を考慮して「不動産の有効利用」を判定し、 「適正な地価」を判断する職業です。